私の日々日常の出来事を書こうかなぁ~ なんて(^-^;アハハ.... 果たして私の幸せが掴めるかどうか・・・

うらやすだより ナグモ性別変更判定会議
[ニュース]うらやすだより
第26回浦安ジェンダークリニック委員会(4/13)報告

 症例検討

   ホルモン療法開始:  10名 承認

   ホルモン療法継続:   3名 承認

   乳房切除術   :   4名 承認

      

     ( FTM 8名、 MTF 5名 )

   

   以上、13名が承認されました。

次回浦安ジェンダークリニック委員会は、5/11の予定。




[ニュース]ナグモ性別変更判定会議
FTM ホルモン5名

FTM 乳房切除術+ホルモン療法7名

FTM SRS5名

MTF ホルモン6名

MTF SRS2名

承認

Anno Job Log
スポンサーサイト

豪志さん望みかなった 女子制服で開邦高入学
女子生徒の制服を着用してあこがれの開邦高校に入学した下里豪志さん(左)と母親の倫子さん=7日午後、南風原町新川の県立開邦高校


2009年4月8日
女子生徒の制服を着用してあこがれの開邦高校に入学した下里豪志さん(左)と母親の倫子さん=7日午後、南風原町新川の県立開邦高校
 性同一性障害の傾向があり、自分自身を女性と認識し、女の子の服を着るなど女性として育ってきた下里豪志(たけし)さん(15)=南風原町=が7日、女子生徒の制服を着て県立開邦高校芸術科(音楽コース)に入学した。同校は制服を着たいという豪志さんの希望を尊重し「快適な学校生活を送ることを支援する」(新垣治男教頭)ために、制服の着用を認めた。グレーのプリーツスカートに、胸元にエンジ色のリボンを結んだ豪志さんは「この服を着てピアノに向かっている自分を想像し、うれしくなった」と笑顔で語った。
 県立高校を所管する県立学校教育課は女子生徒の制服着用を認める今回のような事例は「今まで聞いたことがない。初めてではないか」と話している。
 小学4年生でピアノを始めた豪志さんは、推薦入試で開邦高校への合格を決めた。中学校1年生のころ、たまたま同校音楽コースの生徒が声楽を披露する舞台を見たのをきっかけに「開邦高校に入りピアノを学びたい」と決意し、入学を目標にしていた。
 入学式に参列した母親の倫子さん(51)は「高校時代の友人関係は大人になっても続くので、一生付き合える友だちをつくってほしい。2人でも3人でも助けてくれる友だちがいれば大丈夫だよと言っている」とエールを送った。
 父親(49)は「念願の制服を着て本人も妻も笑っている姿を見ているだけで満足」と目を細めた。
 豪志さんは昨年、高円宮杯第60回全日本中学校英語弁論大会で見事1位に輝くなど英語も得意科目の一つ。受賞を受け、今年7月から8月にかけてはイギリスで語学研修を受ける。ピアノは1日3時間から4時間は練習し、できない場合は翌日の練習時間を増やす徹底ぶりだ。将来の夢は「ピアニストになること」とはにかみながもしっかりした口調で語った
Copyright © 春奈のトランス日記. all rights reserved.